Junior Chamber International Kuroishi 2022

2022年度 ふるさと元気まつりについて

ふるさと元気まつり実行委員会委員長

齋藤 聖啓

 

いよいよスタート!
コロナ禍で活動が制限されている今だからこそできることから始めよう!

ふるさと元気祭り2022 クラウドファンディングスタート!

 

魅力溢れるふるさとを目指し、花火を打ち上げたい👍

皆さんとともに感動と興奮を共有したい😊

 

ページをご覧いただきありがとうございます。
JCI黒石『ふるさと元気まつり』実行委員会です。
『ふるさと元気まつり』は「子供たちのふるさとへの愛郷心を育むこと」と「魅力溢れるふるさとづくり」を目指し、16回目の開催となります。

昨年は新型コロナウイルス感染症拡大により、市内3カ所同時での花火打ち上げを行いました。
今年こそは皆さんの前で祭りも花火も行いたいと考えておりましたが、コロナ禍の今、ステージイベント・露天商の出店は中止にせざるを得ませんでした。しかし、コロナ禍でも花火は打ち上げたいと考えています。
新型コロナウイルス感染症が蔓延する中、なぜ人が集まるようなイベントでもある花火を打ち上げるのか、という声もいただいておりますが、コロナ禍で大変な世の中だからこそ、この黒石市を元気にし、笑顔を増やしたい、と決断をいたしました。

ここに住む一人ひとりが「この黒石に生まれて本当によかった」と思えるような黒石市を次世代の子供達に残したいと心の底から思っています。しかし、今年も今までのように協賛金が思うように集まらず、資金が足りないため、今のままでは花火を打ち上げることができません。

だからこそ、私たちはクラウドファンディングに挑戦します。
花火を打ち上げることで、黒石市に活気を取り戻し、元気と笑顔を溢れさせたいので、ご支援のご協力のほどよろしくお願いいたします。

 

青森県黒石市『ふるさと元気まつり』とは?

黒石市には、元々「黒石花火大会」という夏の最後を飾るイベントがありました。
しかし、協賛していた企業が減少していく中で2005年に黒石市には花火大会がなくなりました。
花火大会がなくなってしまったことを受け、市民の皆さま、特にお子さんがいるご家庭から復活の声が高まり、2007年にJCI黒石が『ふるさと元気まつり』を開催し、フィナーレに花火を打ち上げることにしました。

【ふるさと元気まつりの詳細】

 

■令和4年8月17日(水) 黒石市3か所から順番に打ち上げ予定 19:30 頃

(今回は花火のみの開催となります。※打ち上げ場所に関してはコロナウイルス蔓延防止から密を避けるべく、未公開とさせて頂きます。)
※雨天時は21日(日)へ延期予定

 

■お問い合わせ先:公益社団法人 黒石青年会議所

住所 :青森県黒石市市ノ町5-2
TEL :0172-52-3369(ふるさと元気まつり委員会 委員長 齋藤 聖啓宛まで)

魅力溢れるふるさとを目指して。黒石市で今年こそ花火をあげたい!

 

私たちがクラウドファンディングに挑戦する理由

昨年に引き続き、今年も新型コロナウイルス感染症の影響を受けております。昨年以上に経営が厳しくなった企業様が多いことや、人と人との接触を減らすよう求められている中で企業様に直接伺うこともできず、協賛金をどこまでいただけるか現状わかりません。また、コロナ禍に入る前に行っていた祭りを行うために集めていた街頭での募金活動等を行い少しずつ元の状態に戻ってきております。
協賛金、募金活動をどこまでいただけるかまだわからないため、費用が足りず、このままだと今年も花火を打ち上げることが難しくなってしまいます。それでも、黒石市にはまだまだ活気があることを示し、元気と笑顔を取り戻したいという想いがあり、今回のクラウドファンディングで支援を集めさせていただき、花火だけでも打ち上げたいと考えています。

皆さまからお寄せいただいたご支援は「花火の打ち上げ費用」にあて、より見応えのあるものにするため、大切に使用させていただきます。
今回のプロジェクトにご賛同いただける方は、ぜひご支援をお願いいたします。

 

【資金使途】

 

■目標金額:1,000,000円

 

■打ち上げ総数(予定) 60発(予定) ※3か所合計

 

※今回のご支援金は必要な経費を除き花火代に充てさせていただきます。
※国・市の意向で中止にせざるを得ない状況の場合、日程を再度調整し、集まった支援金で花火はあげさせていただきます。そのため返金はできかねますので、ご了承ください。
※2022年8月17日(水)に花火大会を開催したことをもってプロジェクト完了とする。

黒石の夏を思い出す
記憶に残る花火を打ち上げたい
JCI黒石が花火を打ち上げたい気持ちの一つに「黒石に生まれ育った子ども達が、遠く離れたとしてもいつまでも、黒石のことを忘れないで地元に愛をもってほしい」という想いがあります。
『ふるさと元気まつり』の花火を見ると黒石の夏が終わり、また来年の夏にも花火を見たいという気持ちを思い起こしていただけるような記憶に残る花火を打ち上げたいと考えています。

「このメッセージを見ている全ての方が『ふるさと元気まつり』を支える仲間です。」

●昨年に引き続き、至らない点、ご迷惑をおかけする点が多々あると思いますが、この黒石をいつまでも、明るく、そして魅力あふれるまちへと導いてまいる覚悟であります。また1日でも早い新型コロナウィルス感染症の収束に願いを込めて。皆様何卒よろしくお願い申し上げます。

クラウドファンディングはコチラ