2018年度 表彰式運行順

2018黒石ねぷた祭り運行順序(8/2)
順番 種別 団体名 題名 絵師
1 大人扇 大型の部 小屋敷青友会 水滸伝 水門破り 間形 英治
2 大人扇 中型の部 市役所ねぷた愛好会 大江山 源頼光   勇戦の図 藤田 克文
3 大人扇 中型の部 東新町ねぷた会 鐘馗 石澤 博文
4 大人扇 大型の部 烏城組有志会 平家物語の鵺退治 横山 真優
5 大人扇 大型の部 松原ねぷた会 三国時代の幕開け 「黄巾の乱」 石澤 博文
6 大人扇 中型の部 袋井町内会 水滸伝 一丈青奮戦之図 藤田 克文
7 大人扇 大型の部 赤組ねぷた会 白 縫 譚 黒昇會 木立清明
8 大人扇 大型の部 なかば會 三国志より 関羽 奮戦の図 工藤 盛山
9 大人扇 中型の部 下山形町町親会 三国志 呂布の出城 龍煜 (藤田 克文)
10 大人扇 大型の部 野添ねぷた有志会 岩手毘沙門党、赤平虎一 牛頭鬼を倒す 櫻庭 耕雲
11 大人扇 中型の部 八甲ねぷた会 三國志演義 火之神の化身 祝融 工藤 大介
12 大人 人形の部 みゆきこども会 羅生門 藤田 克文
13 大人扇 中型の部 出石田ねぷた愛好会 毘沙門天と四神聖獣 黒昇會 今井秋行
14 大人扇 中型の部 野際ねぷた愛好会 張飛 奮戦之図 間形 英治
15 大人扇 大型の部 上下山形ネプタ会 三国志 臥龍 諸葛亮孔明 間形 英治
16 大人扇 中型の部 ながさき遊子会 関羽 五関 突破之図 桜庭 惷宝
17 大人扇 大型の部 春桜会 花和尚 奮戦之図 黒昇會 今井 秋行
18 大人扇 中型の部 角田子供育成会 三国志 奏大将軍  李信 黒昇會 渡辺 健資
19 大人扇 大型の部 長坂ねぷた愛好会 狐火 黒昇會 木立清明
20 大人扇 中型の部 西馬場尻新友会 源頼義  邪鬼を討つ 齋藤啓輔
21 大人扇 中型の部 牡丹平ねぷた愛好会 津軽為信、六羽川の戦い 相馬 春陽
22 大人扇 大型の部 二双子子供育成会 大江山、凱陣 渡邊 康雲
23 大人扇 大型の部 袋子供ネプタ会 水滸伝 鄭彪、大英と扈三娘を討つ 黒昇會 山谷 寿華
24 大人扇 中型の部 浜町ねぷた有志会 日本武尊  川上 梟 を刺す図 寺口 健一
25 大人扇 中型の部 温湯ねぷた会 近江屋事件 寺口 健一
26 大人扇 大型の部 じょんから衆 桃太郎 鬼退治 黒昇會 華祥
27 大人扇 大型の部 住吉・末広町内会 三国志 関羽 奮戦之図 藤田 克文
裏面に続く
28 大人扇 大型の部 垂柳ねぷた親和会 楠木正成、湊川の戦い 相馬 春陽
29 大人扇 大型の部 み組ねぷた有志会 孫夫人、趙雲より 劉禅を 奪わんとす 高橋 禅一
30 大人扇 中型の部 目内沢ねぷた愛好会 人斬抜刀斎 寺口 健一
31 大人扇 中型の部 大町ねぷた会 三国志 関羽 五関を破る 藤田 克文(煜龍)
32 大人 人形の部 追子野木地区子供会育成連合会 戦国風雲児 織田信長 村元 伸護
33 大人扇 大型の部 北美町ねぷた会 女戦士 一丈青 敵陣を突破する 桃園會
34 大人扇 大型の部 前田屋敷ねぷた愛好会 決戦川中島 鈴木 魁斗
35 大人扇 中型の部 石名坂一心友 巴提便の大虎退治 黒昇會 今井秋行・石原健太
36 大人扇 中型の部 派村子供ねぷた会 花和尚 奮戦の図 工藤 龍太
37 大人扇 大型の部 ねぷたわんどの会 奮戦 花和尚 魯智深 高橋 努
38 大人扇 中型の部 豊岡友親会 北の守護神 毘沙門天 石澤 流石
39 大人扇 中型の部 西組ねぷた有志会 里見八犬伝より犬塚信乃と犬飼現八の戦い 工藤 盛
40 大人扇 大型の部 中尾会 三国志 趙雲  奮戦の図 佐藤 仙峰
41 大人扇 大型の部 ぐみの木有志会 水滸伝 花和尚 寺口 健一
42 大人扇 大型の部 柵の木子供会育成会 関羽雲長  激闘 渡邊 康雲
43 大人扇 大型の部 美原町子供ねぷた会 忠勇無双 武蔵坊弁慶 村元 伸護
44 大人扇 大型の部 高舘ねぷた愛好会 宮本武蔵一乗寺の戦い 川端 東一郎
45 大人扇 大型の部 黒石ねぷた盟友會 巌流島 黒昇會 山谷 寿華
46 大人扇 大型の部 櫻華友心會 青面金剛  怒りの図 西谷 昇仙
47 大人扇 大型の部 飛内子供育成会 五虎大将軍 馬超 寺口 健一
48 大人扇 大型の部 津軽男 張順  水上  奮戦の図 後藤 雅仁
49 大人扇 大型の部 三嶋ねぷた愛好会 三国志 項羽 奮戦の図 西澤 守
50 大人扇 大型の部 もつけ同志會 老黄忠 奮戦の図 黒昇會 今井 秋行
51 大人 人形の部 境松ひまわり子供会 南総里見八犬伝 決闘 芳流閣 千葉 優威雅
52 大人扇 中型の部 南中野・黒森ねぷた愛好会 三国志 張飛 奮戦の図 工藤 盛
           
           

7月30日は観覧席でごゆっくり。

PAGE TOP